TEL:0120-123-570

健幸生活研究社 ログイン
トップページ > 全商品一覧 > ビューホワイト
ビューホワイト
  • 1箱
  • 通常価格 4,980円(税別)
  • 送料・手数料別途
通常価格で申し込む
  • 1箱
  • 通常価格 980円(税別)
  • 送料・手数料無料
【2回目以降は4,980円(税別)※1ヶ月毎に2袋お届け】
4回お約束定期コースです。合計:15,920円(税別)
お約束コースなので4回までは途中解約できません。(商品変更は可)定期・都度購入に関わらず、1回の代金が5,000円以下(税込)の場合、送料が発生致します(定期便初回は送料無料)
定期購入を申し込む
新発想の発泡するチュアブルタイプのサプリ!

飲むサプリではなく溶かすタイプのチュアブル型のサプリです。レモンの香りと白い色素を配合しました。溶かしていると、口の中でブクブクと泡の出る発泡チュアブルです。

■原材料名

マルトース、マルチトール、澱粉、オリゴ糖、パイナップル加工品、ヒドロキシアパタイト、植物発酵エキス末(バナナ・大豆・ゴマ・カシューナッツを含む)、ナタマメ末、プロポリスエキス末、海藻粉末、発芽玄米粉末、シャンピニオンエキス(マッシュルーム、デキストリン)、植物性乳酸菌(殺菌)/酸味料(クエン酸)、ふくらし粉、ビタミンC、結晶セルロース、香料、微粒酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、リン酸Ca、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、ポリグルタミン酸(大豆由来)、甘味料(キシリトール)、緑茶抽出物、L-アルギニン、貝カルシウム、着色料(酸化チタン)、甘味料(スクラロース)、β-カロチン、ビタミンD

■栄養成分

■1日の目安量

健康補助食品として1日1粒〜2粒を

■お召し上がり方

水などと一緒にお召し上がりください。

■内容量

27.9g【(一粒の総重量0.9g)×31粒】

健幸生活研究社の通信販売のご利用について
ご注文方法
0120-123-570

TEL:0120-123-570

受付時間:平日9:00〜18:00
(土日・祝日はお休み)

FAX:0120-123-697

FAX:0120-123-697


24時間受付

インターネット:

インターネット:

インターネットでのご注文は年中無休・24時間受付けております。

お支払い方法

NP後払い、またはカード決済がご利用いただけます。

NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)

NP後払い(商品到着後、請求書で「後から」お支払い)

カード決済

カード決済手数料は無料です。
以下のカードがご利用いただけます。

Master card, VISA, JCB, AMERICANEXPRESS, Diners Club

送料について

定期・都度購入に関わらず、1回の代金が5,000円以下(税込)の場合、送料が発生致します(定期便初回は送料無料)。メール便と宅配便の送料は以下となっております。

◼︎メール便
メール便でお届けの場合、送料は全国一律で350円(税別)です。

◼︎宅配便
宅配便でお届けの場合、送料は全国一律で500円(税別)です。

※一部配送方法が宅急便のみの商品もございます。ご了承くださいませ。また、お客様都合による「メール便⇒宅配便」への切り替えも可能です。お気軽にお問い合わせくださいませ。

配送について

◼︎通常発送
出荷業務の調整に伴い、発送日を1〜2日ほど前倒しさせていただく場合がございます。
◼︎長期休暇
発送業務休業に伴い発送日を1~2週間程度前倒しさせていただいております。こちらも合わせてご了承願います。

                   
返品・交換

返品は未開封のものに限り、10日以内とさせていただきます。商品不良など当社の不具合による返品時の送料は弊社負担とさせていただきます。お客さまのご都合による返品はお客さま負担となります。商品の製造には万全を期しておりますが、もし不良品があった場合には、お手数ですが、お電話にてご連絡いただいた上で、商品をご返送ください。代品をお送りいたします。

セキュリティー

弊社ではお客さまに安心してお買い物をしていただけますよう、SSL(Secure Socket Layer)システムを採用しています。お客さまのプライバシーに関わる情報を暗号化し送信しますので安心してお買い物ができます。

転売、オークションサイト等での販売等について

当社では商品の転売を禁止しています。卸販売を行っておりませんので、健幸生活研究社以外の店舗からの販売は全て転売です。転売した商品の品質や安全性、賞味期限などは保証いたしません。保管状態によって品質の劣化などの可能性もございますので、転売は固く禁止いたします。転売した商品の、健康における被害の損害、風評被害などの損害については賠償請求の対象となる場合があります。また、商品の画像を不正に使用した場合にも著作権の侵害となり賠償請求の対象となる場合があります。